帝王クロムハーツのカフスを着こなす

img10381107956

ビジネスマンのたしなみとして、パリッと糊の効いた長い袖のシャツを着こなす場合には、やはりカフスボタンが必要不可欠でしょう。

 

そんなシャツを着こなすために必要なカフスボタンには、クロムハーツ製のものがあります。

 

925シルバーで作られた、ダガーやCHクロスのモチーフのカフスボタンは、誰が見てもオシャレに映ることでしょう。

 

そんなカフスボタンには、クロムハーツのモチーフとしても珍しい、ホースシューといったモチーフのボタンが使われています。

 

蹄鉄の中にCHプラスのモチーフが彫り込まれたものになります。

 

ビジネスシーンだけではなく、オシャレなバーに通ったりデートに行ったりする場合などでシャツを着る際にも、さり気なくクロムハーツの輝きを演出すれば、注目を集めることになるでしょう。

 

◆カフスとは何か

そんなクロムハーツにもカフスボタンがあるという話ではありますが、カフスボタンを知らない人のために、どういったボタンなのかを説明します。

 

カフスボタンは、男性ならば知っている人も多いと思います。

ちょっと高級な長袖Yシャツなどの袖口には、プラスチックのボタンは付いておらず、ボタンホールだけが空いている使用になっていたりするのです。

70570f0cbb54db3183a61e45b6a21ba5_m

つまり袖口は開きっぱなしになってしまいます。

そんな場合に、自分専用の袖口ボタンとして、カフスボタンは使われるワケです。

 

主なカフスボタンの使い方には、やはり冠婚葬祭で使う人が多いです。

 

女性が胸にコサージュなどを付けるような感じで、男性はカフスボタンやネクタイピンで、さり気なくオシャレをするといった感じになります。

 

それから、大事な商談などがある場合にも、しっかりとしたYシャツを着ていく必要があるでしょう。

 

ヨレヨレのシャツを着ているような人からセールスを受けても、交渉まで踏み切りたくは無いものと思います。

 

◆カフスの付け方や使い方の解説

このカフスボタンなのですが、一般的なものは袖口を合わせて、ボタンホールにカフスボタンの先端部分を通し、留め具をカチンと横に倒すものになります。

 

ところが、クロムハーツ製のカフスボタンの場合は、この留め具の部分は無いのです。

im-a52ac_1

片方は大きめのサイズのモチーフが付いていたり、ホースシューのモチーフが付いていたりします。それが2つ鎖で繋がれている感じになっています。

 

クロムハーツ製のカフスボタンの場合は、ホースシューのモチーフのボタンを、袖口のボタンホールに通すといった感じで、一般的なボタンと同じ使い方になります。

◆カフスとシャツのバランスを考える

オシャレにカフスボタンを演出するには、シャツ自体の色合いも考えたほうが良いでしょう。

 

やはり、クロムハーツの925シルバーを輝かせることができるのは、ホワイト系のシャツだと思います。

 

逆にグレー系といった、暗い感じの色合いのシャツならば、渋さを演出することができるでしょう。

 

クロムハーツのカフスボタンを使用すれば、商談の最中などに「良い物使っていますね。」と話が弾んで、商談がまとまるなんてことが有るかも知れませんよ。

 

男性ならば、ステータスのひとつとして、クロムハーツのカフスボタンを持ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

クロムキングシルバー専門店はこちら

クロムキングレザー専門店はこちら

メルマガ申込み

メールアドレス入力▼▼▼

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA