レザーアイテムを長く維持する方法

60160667_o1

前回に引き続き、クロムハーツアイテムの「メンテナンス」についてご紹介したいと思います。

 

クロムハーツブランドの中で、 「シルバー」と共に有名なのが「レザー」です。

 

レザー製品は、1流高級ブランドである「クロムハーツ」の中で、

シルバーアクセサリーと双璧を成して、ブランドイメージを守っています。

 

財布・ブレスレット・バッグ・革ジャンなど、
クロムハーツ製品で使われているレザーは、最高級の物だけを使用しており、他とは一線を画す存在です。
その風格と洗練されたデザインは、多くの人を魅了して止みません。

 

反面、最高級の革を使っている製品だからこそ、 メンテナンスは必須となります。

 

そこで今回は、皆さんのクロムハーツを長く愛用していただくために、
前回の「クロムハーツのシルバーアクセサリーを手入れする方法」に続いて、
「クロムハーツのレザーアイテムを手入れする方法」をお届けしたいと思います。

 

■「皮」と「革」の違いとは

41040538_o1

一般的にレザー製品の原料は「革」とされていますが、 同じ言葉で「皮」という文字があります。

この2つは読み方こそ同じですが、大きく意味が異なるのです。

◆皮のままでは使えない

 

「皮」は動物から剥いだままの状態「原皮(げんぴ)」を指します。

 

原皮は何の加工もされていない動物の皮膚と同じなので、
そのまま製品に仕上げることはできません。

 

生き物の一部なので、
原皮のままでは時間が経過するにつれて腐ります。

 

この原皮に対して、薬剤や植物の渋(しぶ)と呼ばれる成分で
腐らないように加工を施すのです。
これを鞣し(なめし)といいます。

 

こうしてレザー製品の原材料として作り出されたものが、
「革(あるいはなめし革)」と呼ばれるのです。

 

そして、クロムハーツのレザー製品には、
これらの過程を経て作られた、
最高級の「なめし革」が使われています。

■レザーの手入れ方法

3773000-3
クロムハーツのレザーは1級品のみが使用されているので、
使えば使うほど味が出て、使用者のオリジナリティが引き立ちます。

 

とはいえ、手入れを欠かしてしまうと、
革に思わぬ負担がかかってしまう可能性があるので、
注意が必要です。

 

そこで、レザー製品の扱い方と、
メンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

 

◆必要以上の物を入れない

 

通常の財布のように大量のカードやコインを入れてしまうと、
革に対しての負担が非常に大きくなり、不必要に伸びきってしまいます。

 

基本は必要最低限の物だけを入れるようにし、
カードは別のカードケースなどへの収納がおすすめです。

 

◆汚れた場合のメンテナンス

 

シルバー同様、レザーも日々の手入れが重要です。

 

汚れや汗などが付着した場合は、
早めに天然素材のハンカチや、
布で優しく拭きとるようにしてください。

 

汚れによって、ハンカチなどを濡らす場合は、
よく水分を切ってから使うようにしてください。

 

基本は表面のほこりを取り除いた後、
革専用のクリーナ液で軽くふき取るだけで十分です。

 

また拭き終わった後は、
直射日光が当たらない日陰干しで、
時間と共に乾くのを待ちましょう。

 

急いでドライヤーなどで温めてしまうと、
革をより深く傷めてしまいます。

 

日々の汚れをそのままにしておくと、
革が劣化してしまうので、こまめにお手入れしてあげましょう。

 

◆濡れた場合

レザーにとって水分は厳禁です。
2で解説した手順で拭き取った後、日陰で乾かすようにしてください。

 

また乾かす場所も、
湿気が多い場所は避けるようにしましょう。

 

 

■まとめ

以上が、
クロムハーツのレザーメンテナンスの方法になります。

汚れ方や状況によって多少変化しますが、
基本は革に負担をかけないようにすることです。

メルマガ申込み

メールアドレス入力▼▼▼

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA