011916_0154_1.jpg

一般的にベルトとバックルはセットで販売されているものですが、クロムハーツに限ってはベルトとバックルの別売りが基本となっています。

 

逆に言えば、ベルト本体を1本用意しておけば、その日の気分でバックルを付け替えられるのです。

 

毎日違ったデザインを楽しみたいというオシャレ通には、この良さを分かっていただけると思います。

 

さて、今回ご紹介のアイテムはクロムハーツのバックルです。

クロムハーツのバックルはロックなデザインが多く、付けているだけであなたの存在感は何倍にも大きくなります。

 

もっとも王道なベルトバックルは、以前ご紹介した「オーバルクラシック」ですが、クロムハーツにはこの他にも魅力的なバックルがあるのです。

 

その1つが「ベルトバックル・フレアニー1.5」

 

クロスモチーフが多いクロムハーツの中でも、特に珍しいフレアニ―モチーフのバックルです。

 

■ようやくバックルにも進出したフレアニ―デザイン

 

フレアニーモチーフ自体は、以前からクロムハーツでも取り入れられていました。

 

しかし、採用されていたのは主にサングラスやドッグタグなどが中心で、ベルトバックルとしてはこのアイテムが初なのです。

 

 

もともとはレザーパンツの切り返し部分などのアパレルや衣料類に活用されていたデザイン。

シンプルかつプレーンといえる外観は、クロムハーツにそれまで以上の魅力を与えました。

 

クラシックとはまた違った側面から切り込まれたデザインは、カジュアルな印象を受ける反面、クロムハーツ本来のロックさも兼ね備えています。

大きなバックルでありながら主張しすぎることもなく、着用した人の粋な雰囲気を底上げしてくれるでしょう。

 

クラシックとフレアニー、純銀の双頭を所有していれば、あなたに怖いものはありません。

違いの分かる人として、自ずと風格を醸し出すようになるでしょう。

 

■オーバルクラシックとフレアニ―2つの魅力

 

1.5インチのレザーベルトに対応しているので、オーバルクラシックを持っている方ならそのまま付け替えるだけです。

価格相場は20万円前後と、オーバルクラシックと大きな違いはありません。

 

バックルを付け替えるだけでも、ファッション全体の雰囲気はガラリと変わります。

 

よりロックな雰囲気を極めたいのであれば、オーバルクラシックを。

 

他とは違う粋なカジュアルを追求したいのであれば、このフレアニーを身に着けるといいでしょう。

 

クロムハーツの可能性はあなたの使い方次第で無限に広がっていきます。

シルバーとレザーの究極を目指すのであれば、クラシックとフレアニ―の双方の所有は目指したいところですね。

 

 

 

その他クロムハーツアイテムについては、下記からどうぞ。

まるでクロムハーツのチャンピオンベルト?

魔よけのシンボル「スターオブデビッドペンダント」

小さな王者!「タイニーCHクロスチャーム」

line申込み
line申込み

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA