世のシルバーアクセサリーには、シルバー(SV)925や1000などの文字が刻まれています。

皆さんはこの数字の意味をご存知でしょうか?

 

クロムハーツのすべてのシルバーアイテムにも「925」の文字が刻まれていますが、具体的な理由を知らない方も少なくないと思います。

 

そこで今回は、この「925」の意味についてご紹介していきましょう。

 ■シルバーに続く数字の意味とは

 

シルバーアクセサリーに刻まれる数字の意味は、そのアイテムに使われている銀(シルバー)の種類です。

 

その内容もいくつかの種類があります。

 

◆シルバーの種類

・シルバー1000

・シルバー950

・シルバー925

・シルバー900

など。

 

結論から言ってしまうと、これらの数字はそれぞれの「銀含有率」を示したものなのです。

 

「シルバー1000」は銀100%(正確には99.8%)を意味しており、正真正銘の純銀になります。

 

そして「シルバー950・925・900」は、純銀に加工用の金属を配合した際に刻まれる数字です。

 

クロムハーツのシルバーアイテムは、シルバー925。つまり銀の成分が92.5%の含有率で作られています。

■クロムハーツは純銀ではない?

59543504_o1

ここで皆さまの脳裏には「じゃあクロムハーツって、100%の純銀じゃないのに、純銀って唄っているの?」という疑問が浮かんでくることでしょう。

 

しかし、そんなことはありません。

 

クロムハーツに用いられる「シルバー925」の銀含有率は92.5%ですが、世界各国で純銀として認められています。

 

純銀と呼ばれる理由は、92.5%がシルバー製品として一般的な硬度を保っていられる数字だからです。

スターオブデビッドペンダント

なお、シルバー925は一般的に「スターリングシルバー」と呼ばれています。

 

実は、地球上に存在する鉱物の中で銀という金属は硬度が低く、柔らかい方です。(柔らかいという点にあまりピンとこないかもしれませんが)

 

それをアクセサリーとして硬度を維持するためには、銀だけではなく多少の金属を混ぜる必要があるのです。

 

そのため、ほとんどのシルバーアクセサリーにはシルバー925が使用されています。

 

1つのアイテムに長い時間を費やせば、シルバー1000でアクセサリーを作ることも可能ですが、やはり強度面やメンテナンスの難しさの問題は拭えないでしょう。

 

現実的に考えると、日常生活に用いるには「シルバー925」の含有率が最適なのです。

 

クロムハーツとしても、こだわり抜かれたデザインと技術を高いレベルで維持するためにも「シルバー925」がもっとも適していると判断したのでしょう。

 

この判断が正しかったからこそ、今や「Chrome Hearts」のブランドは「シルバーの帝王」と呼ばれるまでに至ったのですね。

 

■まとめ

 

いかがだったでしょうか。

シルバーにはいくつもの種類がありますが、今世に出ているアイテムはそのいずれも世界が「純銀である」と認めた素材です。

 

中には「シルバー1000」以外は純銀ではない、と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、細かい銀細工に適さず、日常生活で利用できなくては意味がありませんよね。

 

アクセサリーや食器など、日常生活に取り入れることができる「シルバー925」こそが、ユーザーにとってはもっとも取り入れやすい硬度だということです。

line申込み
line申込み